好きな人を振り向かせる方法

最低限のマナーは守る(品のある賢い女性というイメージを与える為に)

携帯のいじりすぎに気をつけて!

スマホが流通している現代において、携帯依存症の人は男女問わず結構な割合を占めています。

好きな人も携帯依存症で、よく携帯をいじっているのであればそれほど気にする必要はありませんが、 そうでない相手の場合は、注意が必要です。

普段あまり携帯をいじらない人からすると、 デート中に何度も携帯を見たり、電話やメールのやりとりをされるのは、あまり気分がいいものではありません。

「俺といるのがつまらないのかな?」と思われてしまう危険もあるので、 彼が携帯をよくいじるタイプなのか、そうでないのかは確認しておいた方が良いでしょう。

いじらないタイプだった場合は”電源をOFFにして絶対に触らないようにする”ぐらい徹底して、 彼との会話に集中した方がデートを楽しめます。

どうしても気になる場合は、彼が席を立った時にこっそり確認くらいにしておきましょう。

 

服の露出度は控えめに

多少の露出は、男性をドキっとさせる為にも必要です。

ただ、配分を間違えると”だらしない(いやらしい)女”と思われてしまうので注意が必要です。

  • 胸の谷間を強調する服
  • 背中ががっつり空いた服
  • 短すぎる(ちょっと屈んだらすぐパンツが見えてしまいそうな)スカート

など、いきすぎた露出は”遊び目的の男性”を喜ばせるだけです。

セクシーな魅力をアピールしたいなら、服装よりも”しぐさや話し方”で演出した方が効果的。 露出はデコルテ見せや、適度にカラダのラインが分かる服を着るくらいで十分です。

言葉遣いに気をつけて!

男性は基本、本命に選ぶ女性には”賢さと品格”を求めています。 キレイな言葉遣いで喋るというのは、理想というよりも常識だと思って下さい。

これができないと遊び相手を探している男性ばかり近寄ってくる危険があります。 言葉遣いが悪いというのは、それだけでかなり大きなマイナスイメージがついてしまうのです。

言葉遣いが悪い⇒頭悪そう⇒頼めばすぐにヤラせてくれそうという感じです。

「お前さぁ」「○○じゃね?」「○○だろ」「うるせえよ」絶対に口にしないように気をつけましょう。

頭が悪そうと思われた時点で”つき合いたい”と思われる確率はかなり低くなりますし、 モテる男性なら確実に遠ざかります。

食事のマナーは身につけておこう!

デートに食事はつきものですから、最低限の食事マナーは身につけておかなければいけません。

食べ方がキレイだったり、おいしそうに食べてくれる女性だと、男性も「また一緒に食事行きたいな」 と思えますが、箸の持ち方がおかしかったり、食べこぼしが多かったり、くちゃくちゃ音を立てながら 食べたり・・・なんてことをしていると「一緒にいて恥ずかしい」なんて引かれてしまう危険大です。

食べ方に自信がない人は、徹底的に練習した方が良いでしょう。

 

このページの先頭へ