好きな人を振り向かせる方法

気がある事を悟られないように気を付けよう!

男性は「追いかけて手に入れたい」という狩り本能を持っています。

「もしかしたら、俺に気があるのかも」

「・・・いや、気のせいか」

「いや、でもこれって・・・」

というように、手に入りそうで入らない絶妙な距離感を保っていると、相手の本能を刺激することができます。 ここで気をつけなければいけないのが「こいつ、絶対俺に気があるな」と思われてしまうこと。

そうなると、男性は安心すると同時に”つき合いたい”という熱意も薄れてしまいます。 追いかけたいという本能が刺激されないと、恋愛のスイッチが入らないのです。

”自分に気がある=告白すればすんなりOKがもらえる”こう思われてしまうと、 たとえ付き合うことができたとしても「こいつは俺に惚れてるから」と、女性を見下す傾向にあります。

嫌われたくないからと、彼の言うこと(要求)をなんでも聞いてあげたりしていると、更に見下すようになり、 平気で浮気するようになったり、お金をせびられたり・・・良いことはひとつもありません。

恋愛は、最初が大切!

簡単に手に入る女と思われてしまと、男性にナメた態度をとられる事になります。

そんなの嫌ですよね。その為にも「簡単には手に入らない女性」「だけど、頑張れば振り向いてもらえるかも・・・」と 相手に思わせる事が大切なのです!

 

恋愛以外の”好意”は、たくさん伝えましょう

好きという気持ちを悟られるのはNGですが、
「恋愛以外の”好意”を、たくさん彼に伝える」ことは大切です。

男性は自尊心が強い生き物ですから、仕事に対する姿勢や、趣味、思考など、彼がこだわっている部分に注目して「いいな」と 思ったところを褒めてあげると、素直に喜んでもらえます。

「あなたのことが、好き」「あなたの事を尊敬しています。好き!」では、受けとる側の重みが違ってくるのです。

ただ好きというのは、自分の気持ちを押し付けているだけなので、”つき合うかどうか” 返答を求められているような印象を、男性側は受けます。

それに対して、尊敬していて「そこが好き」というのは、「俺の事を理解してくれている」と喜ばれますし、 自然に”付き合いたい”という感情が湧いてくるものなのです。

ただ、なんでもかんでも「すご~い!」と言いまくったり、表面的な事を褒めるだけでは、褒めている事になりません。

彼が”褒めてほしい所”=”こだわっている”所を見極めて、そこに深い関心を示すようにしましょう。

とっかかりは浅い所からでかまいません。最初はパッと目についた部分(時計や靴、ネクタイなど)を褒めて 「センス良いね。昔から?それともいろいろ勉強して磨いたの?」という感じで聞いてみて下さい。

「俺、ここのブランドの服が好きなんだ」「最近は、こういうスタイルが流行ってるんだ」と言われたら 「こだわりがあるんだね。上品な雰囲気が○○君のイメージにピッタリ」 「着る人を選ぶスタイルだよね、似合っちゃうのがスゴイ!」という感じに褒めると、より深く語ってくれます(笑)

逆に「なんとなく(感覚で)選んでるよ」という返事が返ってきたら、 「感覚で選んでるの!?スゴイね。色とか形・素材でこだわってる所あるの?」と聞いてみて、この色が気に入ってるとか、 柔らかめの素材が好きとか、いろいろ教えてもらった後で 「自分が似合うものをちゃんと分かってるんだね。だから独特のオーラがあるんだ」という感じで、 感覚的な部分を褒めてあげて下さい。

ただ、褒める=振り向かせるための手段と思っていると、それが相手に伝わった時点で一気に信用を失いますから、 自分が思ったことだけを純粋に褒めるようにしましょう。

 

このページの先頭へ