好きな人を振り向かせる方法

モテる女性の共通点

尽くされ上手(「求めているもの」が分かっている)

モテる女は、尽くされ上手。

尽くされ上手な女

「尽くされ上手」な人は自分が何を求めているのか、何をされたら嬉しいのか、小さい要求をたくさんして

相手に”尽くさせる”というサービスをしています。

「私の事が好きなら、私が喜ぶことをしてくれるはず」

女性にとってはこれが一番理想ですよね。片思いの時なら「ひょっとして、彼も私のコト好きなのかな・・・」と嬉しくなりますし、 つき合っていれば”愛されている”という幸せな気持ちでずっといられます。

でも、現実はそんなに甘くありません。

”こういう時はこうしてほしい”と思っている事は、たいがい相手には伝わらないものです。

願っているものを与えてもらえないと、なんだか寂しくなりますよね。 片思いの時なら「彼は私のことなんて何とも思ってないんだ・・・」と落ち込んだり、 つき合っている時なら「なんか愛されてるって感じ、全然しないな・・・」と虚しくなったり・・・

願望を叶えてもらえない=自分の事を理解されていない=愛されて(好かれて)いない

という負のスパイラルに陥った経験、ありませんか? もしかしたら、今まさにそんな状態だったりするのかもしれません。 こういう場合はまず「自分が何を求めているのか?」を具体的に考えてみて下さい。

 

「自分が何を求めているのか?」ちゃんと理解できていないと、相手は何をすれば良いのか分からない

「どうして分かってくれないの!?」と思う事が多い女性は

「何をされれば満足なのか」という本質的な部分を、自分でも理解していない場合が多いです。

その状態で「それぐらい察して」「こういう時はこうでしょ」と思っていても、相手の男性に伝わる訳がありません。

自分が何を求めているかを、明確に意思表示できなければ、相手がそれを叶えてくれることはない。 そして意思表示を明確にする為には「具体的に(相手の男性)が何をすれば良いのか」をしっかりと伝えてあげる事が大切です。

「言わなくても分かってほしい」という気持ちは分かりますが、

言わなければ望みを叶えてくれる確率は激減します。

残念ながら、それが現実です。でも逆に言えば、伝えることで相手はあなたの思考や好みを知る事ができますし 「望みを叶えられた」という達成感を与える事もできますから”より深く愛してもらえる”ようになりますし、 彼なりの愛情表現も増えるようになるでしょう。

これは片思いの段階でも、つき合ってからでも同じです。

「あれが好き」「これはイヤ」などの具体的な情報を、好きな人に伝えてあげて!

ほとんどの男性は、具体的な事をいわれないと、何をすれば良いのか分からないものです。

例えばいろんなストレスが重なって「なんかわからないけど、モヤモヤする」なんて事、ありますよね。

そういう時に「仕事のストレスかな?なんかモヤモヤしてるの。気晴らしにドライブ連れてって♪」 みたいな感じで伝えてあげると「よし!ドライブでモヤモヤをすっ飛ばそう!」と、快く応じてくれます。

食べ物の好みもたくさん伝えておくと、男性はお店をチョイスしやすくなるので助かります。

和食よりもイタリアンが好きとか、スイーツが美味しいお店を探求してるとか、 赤ワインが好き、カクテルの種類がたくさんある所が良いなどなど・・・

あとは「これはイヤ」「ちょっと苦手・・・」「興味がない」「知らない」という事も伝えておくと、 より彼にあなたの事を理解してもらえます。

食べ物や、映画・ドラマのジャンル、スポーツ観戦、人ごみ、 電話・メールの連絡頻度(どれくらいがちょうど良いのか)などなど・・・

「あれが好き」「これはイヤ」などの具体的な情報を伝えれば、
(何をしてほしいのかが分かるので)彼はあなたに尽くしやすくなります。

彼の趣味で”興味がない&知らない事”があったら「今まで興味なかったけど、ちょっと挑戦してみたい」とか 「知らなかった、もっと教えて」と伝えると喜ばれます。

 

このページの先頭へ