好きな人を振り向かせる方法

モテない女性の共通点

ブラジャーをボロボロになるまで身につけている

モテない女は、寿命が過ぎたブラジャーを着けている。

寿命が過ぎたブラジャー

「物を大切にする女性」は心やさしいイメージもありますし、恋愛面でも良い印象を与えますが・・・ 物を大切にするのと、ボロボロになるまで使うのは全く違います。

穴があいていたり、ちょっと黄ばんでいるのを気にせずに「まだ着れるから」と身にまとい続けるのでは、 清潔感がありません。

ブラジャーには、寿命があります。

基本的に30回洗濯したら寿命がくると思って下さい。

  • 1着を毎日着けていたら寿命は1ヶ月
  • 2着だったら2ヶ月
  • 3着なら3ヶ月

と考えると、捨て時がわかりやすいですよね。

 

レースや生地が傷んで切れてしまったり、変色してしまったり、生地に毛玉ができているものは、 寿命をとうに過ぎています。もったいないと思うかもしれませんが、清潔感のないブラジャーは確実にオンナ度を下げます。

  • 寿命がきたブラジャーは、迷わず捨てる
  • できるだけ長く着られるように、毎日手洗いする

これが「物を大切にする女性」の正しい姿勢です。ブラジャーに限らず、洋服や靴、バッグ、ハンカチなど、身につけるものには それぞれ寿命があります。

ブラジャーは、ボディラインの要になるものなので「(買った時よりも)ブラが安定しなくなった時」 が寿命(洗濯30回した頃には、安定しなくなっている)になりますが、他のものは”見た目”で寿命をはかっても構いません。

物もちを良くするために、丁寧にお手入れ(洗濯)して、寿命がきたら「今までありがとう」と感謝を込めて捨てるようにしましょう。

ゴミと一緒に捨てるのは、風水的にNG!

ブラジャーの処分方法、何が正しいのかイマイチ分からないですよね。そのまま捨ててしまって良いのか、 金具部分(ワイヤー・ホック)は外した方が良いのか、(捨てたあと誰かの手に渡ってしまわないように)細かく刻んで捨てた方が良いのか・・・

他人に取り出されてしまう事がないように、生ゴミと混ぜて捨てている人もいるようですが、これは風水的にNG!

ブラジャーに限らず、サイフやバックなどもそうなのですが、身につけているものや、毎日使っていたものは その人の”気”が残っています。そこにゴミの臭いや汚れがついてしまうと、自分の運気まで下げてしまいます。

捨てるときは、新聞紙などの紙で包むか、紙袋にいれて、燃えるゴミに出しましょう。

そのまま包むと、誰かに取り出されてしまう危険があるので、細かく刻んでから包んだ方が良いでしょう。 ワイヤーやホック(金属部分)は、お住まいの地域、自治体のゴミ分別方法に則って処分して下さい。

 

このページの先頭へ