好きな人を振り向かせる方法

モテない女性の共通点

すべてが受け身(男性まかせ)

モテない女は、すべてが受け身

受け身な女

モテる女は、受け身のフリをして「男性を誘導(リード)」しています。

例えばデートに誘われたとき

「今度、食事行こうよ」

「うん、行きたい!何食べる?」

「え~っと・・・(どう答えようか考える)」

「私は、和食かイタリアンが好き。○○君は?」

「俺もイタリアン好きだよ。よく行ってる店あるけど、どう?」

「じゃあそこが良い♪」

一見受け身のようだけど、自分の意見(食べたいもの)を言って、相手を上手く誘導していますよね。

良いお店をたくさん知っている男性であれば、お任せしても良いのですが、ほとんどの男性は それほど情報を知らないし、あなたの食の好みも分かりません。

そんな状態で何を食べに行こうかと聞かれたとき「・・・どう答えたら正解なんだ?」と困ってしまう男性が多いのです。

これが完全に受け身な女性だとどうなるか?

「あなたに任せる(丸投げ)」だと、男性は達成感を味わえない

 

「今度、食事行こうよ」

「うん。連れてって」

「何食べたい?」

「お任せします。」

「じゃあ、イタリアンは?よく行くお店あるけど」

「うん。そこで良いよ。」

これだと、男性は困ります。「あなたに任せる」というのは聞こえはいいけど、要は丸投げしているだけなので、 かなりのプレッシャーをかけてしまっています。

そこで良いよと言われても、本当にイタリアンで良かったのか?本当は和食や中華が良かったんじゃ・・・?というように、エスコートする側は考えてしまいます。

「女性の希望を叶えてあげる」事が、プライドが高い男性にとって何よりも嬉しいことなので、 達成感を味あわせてあげるためにも「小さな要求」はどんどん言ってあげましょう。

この例で言うと「和食かイタリアンが好き(おいしいお店に連れてって)」というのが、小さな要求にあたります。 彼に主導権を託しつつ、自分の意見(○○したい、○○行きたい、○○食べたいなど)も少し混ぜてあげることで「希望を叶えてあげられた」という達成感に繋がるのです。

少しずつで良いので”完全受け身”を直していきましょう。

 

このページの先頭へ