好きな人を振り向かせる方法

メールの頻度は「安心感」や「達成感」を与えた途端に、少なくなると心得て!

男性は、基本的に用事で動きます。

「用事=自分にとって価値のあること」と考えている為、利益がある事のためなら動くし、ない事には目もくれません。

これを恋愛に置き換えて考えると・・・

”好きな人ができた。なんとかして付き合いたい!”と思ったとき「好きな人を振り向かせる=価値のあること=用事」という風になります。

だから、マメにメールを送るというのが”用事”として成り立つのです。

「最初はマメにメールを送ってくれたのに、だんだん減ってきた・・・」という悩みは非常に多いですが、これは男性心理からみれば ごくごく当たり前の事なのです。

男性は、相手の女性が好きだからメールを送っているワケではありません。

「好きな女性を振り向かせる」ために、メールというツールを利用しているのです。 なので告白=つき合うというゴールを迎えてしまうと、途端にメールの回数が減るようになります。

「こいつ、俺のこと好きだな」と、相手の態度で気持ちが読めてしまった場合も、 ”振り向かせる”というゴールを迎えた事になるので、安心感からメールの回数は減ってきます。

つまり、つき合う前でも「振り向かせた」という達成感を味あわせてしまうと、メールは用事から外されてしまう為、 「メールしよう!」と思う事がなくなるというわけです。

「冷たい」と思うかもしてませんが、男性からしてみればこれはごく当たり前の事。

つき合ってから半年~1年経過した頃であれば、こうなっても問題ないし、むしろ当たり前の事だと割り切ってしまった方がよいのですが・・・ つき合う前にこの状態を招いてしまっては「彼女」への昇格はありえません。

好きな人を振り向かせる為には、あなたの事を「追いかけたくなる」ように仕向ける必要があるのです。 これを理解した上で、メールのある特性を利用すれば、好きな人の気持ちを刺激する”強力な武器”になります!

 

このページの先頭へ