好きな人を振り向かせる方法

無意識(潜在意識)に働きかけるアプローチ方法3・4

3:しゃべる速度に変化をつける

しゃべる速度は、”スロー”にすることで無意識(潜在意識)に上手く働きかける事ができます。

好きな人へのアプローチ

催眠術師が催眠をかけるときも、ゆっくりと言葉をかけながら相手の潜在意識にアプローチして、催眠をかけているのです。

とはいえ、しゃべり方を急にスローにしたら、彼に「どうしたの?」と思われてしまいますし、 あなたのキャラクターや魅力を殺してしまう危険もあります。

そこで、彼との会話を楽しみながら、上手く潜在意識にアプローチする為に「しゃべる速度に変化」をつけてみて下さい。

会話が弾んでいる時は、ワーッと楽しく喋れば良いんです。あなたが主導で話が進んでいる時も、 あなたのペースで喋ればOK!

狙いは、彼主導で話が進んでいる時。

この時は、ゆっくりとあいづちを打ちながら、返す言葉もスローにして下さい。

これは「あなたの話に集中していますよ」というサインにもなりますし、スローで返す事によって言葉も響きやすくなります。

「そうなの?」「すごいね!」なんて当たり障りのない言葉でも、「自分は尊敬されている」という彼の自尊心を満たす事に繋がります。

これをスローで言う事によって、彼の潜在意識に刻まれるのです。

4:動作に”スロー”を織り交ぜる

動作もスローにしたほうが、無意識に上手く働きかける事ができます。

これもしゃべる速度と同じく、普段の自分の動作にプラスして”スロー”を織り交ぜてみてください。

一番良いのは「何かを渡すとき」と「相手に触れる時」

京都の舞妓さんをお手本にしてみてください。上品で気高いイメージを与えるしぐさや行動は、女性から見ても魅力的ですよね。

真似るのは、渡すときと、触れる時だけでOK!まんま舞妓さんという感じでやると、やっぱり違和感があるので、 「渡すときは手を添える」「触れるときは、ゆっくりと」という位でかまいません。

自然にできるようになれば、女性らしい魅力がUPします!

 

このページの先頭へ